パナマ帽ドットコムトップページ|パナマハットのご紹介 パナマハットの歴史等に関するご説明|パナマ帽子のお話 株式会社アムマックスが輸入するパナマハットのラインナップ|パナマ帽の輸入商社アムマックス パナマ帽子のお手入れのご案内|よりパナマハットを長くご使用していただく方法 パナマ帽子のスタイリッシュな被り方のご案内|パナマハットは自由なスタイルを追求できる
 

  パナマハットの輸入商社 株式会社 アムマックスのサイトへ  
 
ひとクラス上を行く大人のパナマハット バーティーブルー
カラーパナマハット そしてショートブリムのパナマハット|アーティストに人気のパナマ帽
スタンダードなクオリティー エクアンディーノのパナマ帽子|パナマハット
                                               パナマハットの輸入商社 株式会社アムマックスが運営するサイトです 
 
パナマハット(パナマ帽子)を厚いから被る。日差から頭を守るために被るという人間が考え出した知恵です。 単純な
習慣ですが それば紛れも無くファッションであり文化なのです。どうせ被るなら 本物でお洒落をしたいものです。
時として帽子は接する相手に不快感を与えてしまう事があります。それは心からでる マナーです。たとえば帽子を取らず
に挨拶する事。 帽子を取ることは万国共通のルールだったのですが 西洋(アメリカ)では最近そんな事もどうでも良い
風習も通常化されつつあります。 日本人はパナマハットが似合うという由来は 私どもの先代たちが行ってきた振る舞い
から培ってきた文化です。 礼儀正しさ そして帽子を取るしぐさがさまになっているからです。昭和の紳士を忘れずに
パナマハットに接していって頂きたいと 心から望んでおります。
 
エクアドルへの旅の準備|パナマハットの生産地を実際に訪れて感じた事 パナマハットの生産地 エクアドルの風土のご紹介|パナマ帽子の生まれた地 エクアドル パナマハットが作られる工房|パナマ帽はこうして製作される 皆様によりパナマハット パナマ帽子を楽しんでいただくために・・・ The Panama tour in Ecuador Ammax Inc. Japan
   
 
 
生を楽しむ道具それがパナマハット

素材の収集 加工から生産 そして仕上げまで パナマハットが出来上がるまで
短いものでも1ヶ月 長いものになると1年近くの月日を要する・・・近頃では
パナマ草(トキア)をコンテナに詰めて中国に運んだ業者もいるらしいが 過酷
なコンテナ内環境によって草が乾ききって編みができなかったのが現状・・・
どの鮮度で加工する どの程度乾かす どの部分を使用するなどその時々によっ
て異なる。決まったマニュアルなどは存在しない。

被り手の我々にしてみても 決まった被り方のマニュアルは存在しない。自由に
被れる帽子それがパナマハットなのです。蒸れがなく 軽く ファッション性に
も富でいるこの帽子は実にユニークです・・・。デニムにもスーツにも そして
なんと着物にまで合わせられる・・・。大正 昭和の日本人がそれを実証したの
です。抜群なセンスを持つ日本人が さりげなくどんな服装にも合わせてしまっ
た事が 東洋人にパナマハットは似合うと言われるようになった由来なのです。

そして何よりも その礼儀の正しさ 帽子を浮かせながら会釈をする昭和の紳士
の姿が 何より美しいパナマハットなのです

パナマ帽子を被って 一歩外へ踏み出てみませんか! 一歩一歩が楽しくなり
ます。楽しくなれば次の場所に進んで行きたくなるそして新たな出会いがそこに
はあります。


人生を楽しむ道具 それがパナマハットなのです。
 
 
何処にでも被って出かける  
   
南米をはじめフロリダに近い東海岸では よくパナマ帽子を被って歩いている人を見かける  公園にだって ビーチにだって そしてビジネス街にだって。 勿論 保守的な日本人には何処にだってと言う訳には行かないかもしれませんが
しかし 何処に被っていったって良いんです 自分が楽しければ・・・

誰に迷惑を掛ける訳でもないのですから・・・ でも本物のパナマハットをいつも被って欲しいですね パナマ草どうかって近くにくるとすぐ判りますから・

被れば被るほど 違和感が無くなってくるんです。パナマハットはそういった
帽子なのです。
  
 
 
自信をもってお勧めいたします
 
パナマハットはとても長持ちいたします。 ただ 正しい知識と愛着を持っていただければ・・・ 生産者の心が宿っています新潟 魚沼産 コシヒカリが美味しいように 最良のパナマハットができる場所がエクアドルであって その生産者も鍛錬に製品を仕上げているのです・・・ 長年培った 伝統と技が宿っているのです・・・ そしてチョット贅沢に思えるかも知れませんが地球真裏南米より 東回りのルートで空輸しているのです 船では製品をいためる原因になるからです 
 
 
 
 
 
旅を終えて・・・
とにかく遠いのが南米だ・・・それでも今後 足を運ぶ価値のある場所には違いない 抜けるような青い空 アンデス山脈 何よりもインカ帝国の香りを未だに残している そしてラテンの血が流れる人々はとにかく熱い エクアドルは色々な顔を見せてくれた・・・
 
   
とにかく長旅はとにかく疲れる
体のあちらこちが痛む
  パナマハットの良し悪しを見分
ける プロなしでは語れないる
  各村々の人々は笑顔で迎え入れて
くれる  
 
     
   
子供達が将来のこの国を支える
何処の国も同じだ
  歴史を持った国だからこそ 古都
の香りが漂う
 
  エクアンディーノの直営店いつも
お客さんで賑わう
     
   
エクアドルの都市を結ぶエアー
ライン TAME
  こういった光景も決して珍しく
ない ここはエクアドル
  ハンモックはいたるところで
見受ける リラックスの国
     
   
グアヤキルの街中・・ 南国の
香りで包まれている
  グアヤキル郊外 時に軍の飛行機
が着陸する滑走路になる
  街中で繰り広げられエンター
テイメントに笑顔もこぼれる
     
   
アンデス山脈は雲の上 いくつも
の山々を越えて工房にたどり着く
  素晴らしい景色が魅了する
上着が無くては寒い
  炉辺で売られているランチ
豚の丸焼き 美味だ・・・
     
     
何処の国でも小奇麗なアーケード
は存在する? キト市内
  同じ青でもエクアドルの空の色
はひと味違う
  快適に移動させてくれた LANの
ジェット旅客機
     
   
プロのサーフコンテストも
開かれるリゾート
  あちらこちらで見かける鶏達
卵も新鮮 安全だ
  キトから車で30分のマーケット
南米の雑貨があちらこちらに
     
     
カラフルな色合いが目を所所で
引く 一日いても飽きない 
  材料の支給 技術指導 そして
給料の支給で集まる編み手たち
  とにかく繊細な手作業には驚か
された
     
       
朝食で屋台に集まる人々・・
何処と無くインドネシアに似てる
  崖すれすれの道が続く中 霧が
視界を遮る・・
   
     
 
是非とも 本物のパナマ帽をひとつ手にしてみてください。人生がまたひとつ面白くなります!!!
 
 
 
 
株式会社 アムマックス ホームページ アムマックスのお店鎌倉店 |世界の輸入雑貨を扱っております 大人の革鞄|革鞄ショルダーのペニッシュミント 大人の雑貨|ランプ 蓄音機から印籠まで 大人の雑貨のサイトです ひとクラス上を行く 大人のパナマ帽子|CM刻みのサイズの取り揃え クールはパナマ帽子のラディカルウェーブ | ファッションパナマ ハットをご提案
ドイツ最大のハサミ専門ブランド クレツッァーのアイテムのご紹介 明るい紫外線防止サングラス|イーグルアイズサングラス 株式会社 アムマックスの兄弟会社 オーストラリア ナチュラディカル社 防寒帽子 ロングバイザー から麦わら帽子まで 帽子専門ブランド グリーンインアボトル 大人の趣味 工作品 ボトルカーッター ボトルイラストレーター ロングバイザーのご説明をする|ロングバイザードットコム
防寒帽子の王様|防寒帽ドットコム 世界最高峰のシルクプリント 野生動物 星座のTシャツで定評の高いリバティーグラフィック イーグルアイズのレンズの特性のご説明|紫外線防止 変更サングラス 白内障サングラス  ボンダイライフセーバーの使用する本格派防水バッグ 本パナマドットコム|本パナマとはどんな帽子かをご案内 パナマ帽ドットコム|本物のパナマハットをご紹介
 
 Copyright c 2011-2013 Ammax Incorporated Far East Net Work. All rights reserved. Protected by Ammax web system. This document may not be copied,
in whole or in part, in any form or by any means (electronic or print) as is or with alterations without prior written permission of Ammax
All trademarks and registrations are protected